警察の巡回調査

本日、警察職員の人がやって来て巡回調査ということで、住所、氏名、連絡先などを聴かれ調査票に記入した。
周辺で空き巣被害などが多発しているということで、定期的にアパート・マンションを戸別訪問してこのような調査をしているらしい。あわせて防犯上の注意などを説明された。

が、身分証を確認するのをうっかり忘れたので、念の為最寄の警察署に連絡し調査員の人からコールバックをしてもらって、調査が実際に警察で行われているものであることが確認できた。

防犯対策としてやってもらっていることなので本来はありがたいことなのだが、一歩間違えると振り込め詐欺のネタを提供していたかもしれず、結構冷や汗ものだった。
身分証を確認していたとしてもそれが本物かどうかもすぐには判別できないし(名前と所属を控えておけば後で確認はとれるだろうけど)、このような調査って実は不安感を高める効果の方が強いかも。それが防犯にはいいのかもしれないが。

一昔前ならご苦労様の一言で済ませられていたたことなのに、今時はここまで注意をしなければいけないご時勢なんだなぁということを実感させられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です