親知らず(右下)の抜歯

本日は半日病院通いだったのだが、終わった後一旦家に帰り先のブログを書いて一服してから歯科医に向かった。

今回は右下の親知らずの抜歯。

手前の奥歯に引っかかっている部分をドリルでカット。この時先生が「う~ん、面倒やなぁ」とかこっちが顔面蒼白になりそうなことをつぶやくので、これはいよいよ噂に聞く怖い治療が始まるのか?!と身構えたり。

ドリルでの作業が終わると、ステンレス製のやっとこ(のようなもの?顔にタオルをかけられていたので形状は見えなかった)で一気に抜いたらしい。というか、麻酔が完璧に効いていたのでいつ抜かれたのか全然わからなかった。
その後は止血綿を銜えさせられてしばらく放置プレイ。実はこの時点でも抜かれたのかどうかわかっていなかった。

5分ほどして、「は~い、これで終わりです。口ゆすいでくださいねぇ」と言われて初めて抜歯されてたことに気が付く。ちょっと間抜けっぽいんですけど。

その後先生の説明。抜いた現物を見せながら、先生曰く抜歯した歯の根元の部分が結構太めしっかりしているらしく、もっと歳をとって骨が硬くなって(柔軟性がなくなって)からだと抜くのが大変になるらしい。

折角なので抜いた現物は記念にもらって帰ることに。歯肉がちょっとこびりついていて微妙にグロい。

鎮痛薬と抗生物質の処方箋を出してもらって、帰りに薬局へ。
明日、経過観察と傷口の消毒にもう一度通院することになった。

それにしても、トータルの治療時間で40分もかかってなかったんですけど。治療内容もえらいあっさりしてた気がするし。あんなに怖がって損した気分。
それとも実はとっても腕のいい先生だったりするんですかね。

今のところ麻酔が効いているのか、痛みはほとんど無い。口内から血の味が抜けないのはまだ微妙に出血してるんかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です