チャーリーの手帳

slashdot.jpの記事中

これさえあれば

でスコアが4もついてるあたり、スラド人口の年齢構成がわかりそうな(もしくはSFアレゲ度の高さか?)。

ちなみにハント博士が開発した技術はニュートリノビームによる対象の非破壊立体スキャン。なので、生体や非常に脆いものであっても内部透視が可能というものでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です