U123セットアップ(その2)

インストールしたFreeBSDでの環境のセットアップは最低限完了した。Firefox3、Thunderbirdのインストールも問題なかったので、これでひとまず普段使いの用途には支障なし。残念ながら、無線LAN、Bluetooth、WebCamは使用できる状態になっていない。まあ、このあたりはいつものことなので、おいおい8-CURRENTとかで試してみる予定。

お次は、ハードディスクの残りスペースにfedora10をインストールする。
ブートは例によってLive CDからセットアップしたUSBメモリを使う。デスクトップにインストーラアイコンがあるので、これでインストーラを立ち上げる。
一旦インストーラが立ち上がると、後はCD/DVDで起動したときと同様なのでそのままインストール作業を進める。ただし、インストールするパッケージの細かな選択はできない(最低限のデスクトップ環境とブラウザ程度)ので、OpenOffice等の導入はOSのインストールが完了してから行う。

インストーラでの作業が完了したらハードディスクから再起動。お馴染みのイニシャルセットアッププロセスが始まる。一通り入力を済ませると、GDMが起動してログイン可能な状態に。

ログインしたらまずUpdate Systemで、インストール済みパッケージ(カーネルを含む)を最新のものに。fedora10リリース後からそこそこ期間があいているので、結構な数のパッケージのアップデートを行うことになる。

その後は、OpenOffice、Thunderbird、VLCなど必要なそうなパッケージを追加。

この状態で、無線LAN、Bluetooth、WebCamも正常に使える。ここで、物足りないとかいうとfedoraの中の人に石を投げられるか^_^;。なんにしろ、fedora10で相当デスクトップ周りの完成度が上がっていることが実感できる。

ちなみに、Bluetooth、WebCamモジュールはH/W的にはUSB接続されているようで、キーボードからのOn/Offでデバイスのコネクト/ディスコネクトが行われるようだ。
Bluetoothでは携帯(SBM 920SH)とのファイルの送受信、WebCam はデフォルトでインストールされる cheese、VLC によるビデオ撮影(VLCではキャプチャデバイスに/dev/video0を指定する)で動作確認が取れた。

ここまで使えるようになると、Windows無しでもあんまり困らんなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です