U123セットアップ(感想)

ここ数日U123でいろいろセットアップ作業を行ってきたが、意外に手間取るところがなかったのが第一の感想。数年前ならLinuxにしろ、BSDにしろノートPCで必要最低限のH/Wを使えるようにするまでにそれなりに手間をかけてやらんといけなかったもんだが(X11の設定をしたり、ドライバを手動でインストールしたり、最新版のものを取ってきたりとか)。

光学ドライブもUSB接続でしか使えないのでこちらの面でも手こずるかと思っていたが、USBメモリブートによる手法が予想外に有効で、結局Windowsのリカバリ(とWindowsパーティションのサイズ変更)の時にしかドライブを使わなかった。ドライブそのものは他の場面で使うこともありそうなので無駄な買い物でなかったとは思うが。

netbook を含め光学ドライブを持たないノートPCは当面一定のシェアを占め続けるだろうから、各OS共USBメモリからのインストールをもっと積極的にサポートしてくれると楽できるんだけど。
Windows 7もいっそCD/DVDメディアでの提供はやめちゃって、USBメモリ+ドングルのような形態(デバイス内にプロダクトキーやアクティベーションコードを書き込んでおいて、ストレージ部分しか通常方法ではアクセスできない)でサポートした方が海賊版対策にもなって良さげかなぁとも思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です