地アナ放送延長?

Gigazineの記事から

地デジ普及の遅れを受けて、2011年7月24日以降もアナログ放送が受信可能に

一瞬タイトルだけ見てかくっと来たが、CATV加入世帯のみ対象なのね。
CATV局で受信した地デジ放送をヘッドエンドでアナログ波に変換して一緒に送信することで、地アナ受信期間を延長するということらしい。

この不況で地デジ対応機器の普及が予定よりも遅れているというのが言い分らしいが、そもそもスケジュールに無理があったんだからこの手の対応も織り込み済みにしておけよ。

で、今頃ヘッドエンド改修・リプレースのための補助金をばらまくための画策をしているんだから、場当たりすぎるのにもほどがある。

大体、CATV未加入世帯は切り捨てですか。
いっそ定額給付金でCATVに加入させますか?

筆まめ



親が今年から自分で年賀状を作成することにしたらしく、筆まめを購入。

リンクシミュレータ用に自分でも購入。
要は電話で使い方を聞かれたときに手元に同じソフトが動く環境がないとよう説明せんだけのことなんですが。

年賀状は書かない人なので本来この手のソフトには用の無い人種ではあるんだが、事務書類や申請書の類の送付の時の、封筒の宛名印刷に使えるのは便利かと思い直し購入に踏み切る。

住所録の管理から、差出/受け取りの履歴による宛先の仕分け、お任せデザイン/レイアウト、デジカメ写真の貼り込みなどなど、何から何まで面倒をみてくれる。果ては名刺/のし袋/賞状/CDラベルの作成までサポートしているんだとか(パッケージ裏面棒読み)。

まあ、メジャータイトルだけのことはあるんですかね。

自分用にはDVD版を購入したが、デザイン集/電話帳・会社住所録までインストールしたら、2時間以上かかった。データが大量にあるのはわかるんだがもうちょっと何とかならんか。

試しに封筒の宛名印刷をやってみたが、標準サイズの封筒だと特に悩むことなく言われる通りに操作すれば、印刷まで辿り着ける。プリンタによっては郵便番号の印刷位置を微調整する必要があるかもしれない。