チャーリーの手帳

slashdot.jpの記事中

これさえあれば

でスコアが4もついてるあたり、スラド人口の年齢構成がわかりそうな(もしくはSFアレゲ度の高さか?)。

ちなみにハント博士が開発した技術はニュートリノビームによる対象の非破壊立体スキャン。なので、生体や非常に脆いものであっても内部透視が可能というものでしたね。

熱ひいたかな?

昼食を簡単に済ませ、ぼけっとミヤネ屋を見ていたら熱のせいかだるくなってきたので、そのまま寝入る。
18:00頃起床。熱もひいたみたい。頬の熱っぽいのもとれたようだ。

冷たいお茶、熱いコーヒーどちらを飲んでも別にしみる気配はなさそう。

しばらくは左でものを噛むときはおそるおそるという感じになりそうだが、右の時も似たようなもんだったので1週間もすれば気にならなくなるだろう。

熱っぽい?

幸い、昨晩は鎮痛剤を飲むほどの痛みはなかったので、とりあえず安眠できた。

が、ちょっと微熱が出てるかも。左頬も腫れるほどではないけど、熱を持ってる感じだし。

今日はおとなしく読書でもしつつ寝てますか。