fedora 10 デスクトップ環境

概ね安定しててアップデートシステムも非常に便利なんだが、いつのまにかデスクトップ環境の言語が日本語から(デフォルトの?)英語環境に勝手に戻されてしまうなぁ。GDMのデフォルトのログイン環境は日本語のままのようだが。

メニューやメッセージが英語になるのは全然かまわないんだが、IMまで使えなくなってしまうのがかなり不便。

最近のGNOMEのアップデートのタイミングでこうなってしまったんかなぁ。

fedora 9のマシンは何の問題もないんだけど。