タグ別アーカイブ: sf

アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風(神林長平)読了

ちょー久々の更新。

雪風シリーズ10年ぶりの新刊だそうで。発刊は7月だったんだけど、ハードカバーだったんでつい先ごろまで気が付いてなかった。ブックフェアで店頭に平積みしているのを見かけてようやく思い出した次第。

前作グッドラックとOVA最終巻で何となく物語としては決着がついたような気になっていたけど、本作ではロンバート大佐の反乱に至る過程から先OVAとは全く異なる展開で、それはそれで非常に嬉しい。まだまだ、物語は続きそうで楽しみが増えたというもんだ。

相変わらず直接的な戦闘描写は少なく、人・戦闘知性体・ジャムのコミュニケーションに主眼が置かれているが、さらに人自身の実在性があてにならなくなったりと(何でそんなはめになったのかは多分にネタばれになるので割愛)、メタフィクション的な展開がある意味雪風シリーズらしいとも言えるかも。

神林長平の作品は私にはものによってかなり好き嫌いが分かれるが、雪風はきっぱり好きと言えるシリーズなので、末永く読み続けられる愛読書の一冊が増えたことは素直に嬉しいもんだ。

消滅の光輪 上/下(眉村卓)読了

ちょー久々のブログ更新。



長らく積読にしていたのを本日読了。

面白くて結局一気読み。いや、司政官シリーズなので面白いのはわかっていたのだが、最近この分量になると手をつけるまでに時間かかるようになってしもうた。

SFの設定としてはそれほど新味はないが、ロボット官僚率いる主人公の司政官が孤軍奮闘する様はやはりSF/眉村卓ならではの味付けが効いていて読んでいてどんどん引き込まれる。最近の作家なら小川一水とかが備えているテイストとでもいうんですかね。イーガンやレナルズのような奇天烈な(だけど、リアリティを感じさせる)設定でどんどんストーリーが進んでいくハードSFも大好物だけど、こういう社会や人間関係に焦点を当ててSF的なテイストが要所に効かせてあるのもやっぱり面白い。

司政官シリーズの短編は随分前に読んでいたので、直前に出版されていた司政官 全短編の方はスルーしていたのだが、久々に読みたくなってしまった。一緒に買っておけば良かった。

チャーリーの手帳

slashdot.jpの記事中

これさえあれば

でスコアが4もついてるあたり、スラド人口の年齢構成がわかりそうな(もしくはSFアレゲ度の高さか?)。

ちなみにハント博士が開発した技術はニュートリノビームによる対象の非破壊立体スキャン。なので、生体や非常に脆いものであっても内部透視が可能というものでしたね。